ペイアウト率重視の取引がしたい時にJETOPTIOM

ジェットtOP

利益を作る時に、まず考えなくてはいけないのはどうやって利益を作る、もしくは大きくするかです。

そうなると重要になるのは、「ペイアウト率」と「勝率」でしょう。勝率は各々の戦略でどうにかするしかありませんが、ペイアウト率については、業者選びから決まってしまいますので、取引を始める最初の一歩目が非常に大事になってきます。

注目のポイントはここっ!

  • ペイアウト率の高さに注目!
  • どうしてペイアウト率が高いのか?

注目したいのは何故ペイアウト率が高さと、何故そこまでペイアウト率が高いのかです。業者側の立場に立って考えるとどこかで、高いペイアウト率分を回収しているはずなのでそこを見つけましょう!

ペイアウト率の高さに注目

ジェットペイアウト率

ジェットオプションの場合、ペイアウト率の高さは変動しますがSPREADでは2.01倍以上と非常に高いペイアウト率を実現しています。

このペイアウト率の高さを見てまずわかるのは、勝率は50%を維持出来れば利益に繋がると言う事です。当たり前の事に感じるかもしれませんが、通常のハイローとほぼ同じルールで勝率が50%あれば利益になると言うのは非常に大きいのではないかと思います。

2度のうち一度取引を成功させればいいと考えるだけでも随分と気持ちが楽になるのではないでしょうか。

基本的に利益を増やすには、勝率を上げる、投資額を上げる、ペイアウト率をより高いものにすると、3つの分かれます。

その際に1番最初の選択肢となるのが、業者を選ぶ際に必要な「ペイアウト率の違い」です。

何故ペイアウト率が違うのか?

ペイアウト率が高いという明らかなメリットがあるという事はどこかにデメリットがあると言う事でもあります。

先ほどペイアウト率の高さでお話した「SPREAD」ここにデメリットがあるのです。とはいえ、流石にそこまで大きなものではなく、このSPREAD取引ではドローは損失となります。勘の良い方ならわかるかと思いますが、ドロー近辺に一定の損失になる範囲がある。

これが高いSPREADの代償というわけです。

見てもらえるとわかると思いますがワンタッチのように広いわけではないので勝率が大きく下がるわけではありません。為替の動きが大きい時を狙えばしっかりと利益にする事が出来るはずです。

まとめ

ペイアウト率の高さを見て、メリットとデメリットを見比べたとき、デメリットの方が小さく感じます。そもそもの勝率が、なにも考えなくとも50%あるので、仕方のないことかもしれませんね。しかしながらジェットオプションの場合は通常のHigh&Lowもしっかりとあるので、実際に通常の取引をして試してみてください。

ペイアウト率の「率」の部分だけをみれば、小さな違いかもしれませんが、バイナリーオプションは必然的に取引の数が増えるので、0.1%の違いが馬鹿にできません。その点で、ジェットオプションははじめから有利なのです。/p>

ジェットオプション

業者名

評  価
評価5
口コミ数
75件
総合順位
現在55サイト中 22位
出金手数料
3,000円
取引銘柄数
7通貨ペア
スマホ対応

口コミで高評のBOサイト

まだ試してない方はココから!!

ハイローオーストラリア画像

  • サイト名:ハイローオーストラリア
  • 評  価:評価5
  • 口コミ数:267件
  • 最低取引額:¥1,000
  • 詳細を見る

みんなが選ぶ厳選おすすめバイナリー業者

  • 高配当で選ぶ
  • 安心と安全性
  • 商品・品揃え
  • 口コミで評判

バイナリーサイト絞込み検索

デモトレード
取引機能
対応キャリア
最低取引単価
出金報告
通貨ペア