学校の授業では分からないバイナリーオプションの秘密

高校や大学ではバイナリーオプションは習わないのではないでしょうか?習うとしてもFXや株といった投資が中心じゃないですか?

バイナリーオプションは海外から入ってくるのがFXに比べて遅くなりました。だからこそ学校などで習うには浸透されるのにまだまだ時間がかかるのかもしれませんね。さらに国によっては日本で言う金融庁的な役割の場所が扱っていない場合もあります。

国によって認識が違う投資の方法になるわけですね。どこがどう違うのか少し調べてみました!

そもそもバイナリーオプションとFXの違いは?

大きな違いは取引の時間と利益と損失の出方です。日本国内のバイナリーオプションの業者規制の影響が大きく2時間に一度の取引になります。これはこれで取引として面白いのですが感覚的にはFXと大差がなくなってしまいました。バイナリーオプションの売りとしては直ぐに結果が分かるスピードにあったのではないでしょうか。

直ぐに取引の結果がわかり利益になったかどうかもわかりやすいのがバイナリーオプションです。

利益と損失の発生の仕方にも違いがあります。FXは利確という利益を確定しなければ利益になりませんし、損切りという損失を確定をしなければ損失の額は決まりません。(ロスカットもありますがここでは説明を省きます。)利益も多大に得られますが損切りが下手だと損失も非常に多大になってしまうのがFXです。もちろん上手くやれば利益が大きく損失はすくなくなる。見かたを少し変えれば難しいというのがあるのではないでしょうか。

バイナリーオプションは利益も損失も一度の取引では決まっているので、基本的は取引の回数がFXで言うところの利確、損切りになるわけですね。FXよりもバイナリーオプションの方が一度の取引での利益と損失が見えているのでやめやすいです。まだ大丈夫と思って痛い目にFXで合った方も多いのではないかと思いますが、利益と損失がしっかりと見えているとそれも減ります。

どちらがいいのか?ではなく併用が望ましい

よくどちらが優れている等を見ることがありますが、基本的には併用することが1番望ましいのでないでしょうか。もちろんどちらも損失になるというリスクはありますが、FXを保険として運用したり、逆にバイナリーオプションを保険として運用する分散投資をするのが理想です。

もちろん理想であるので必ず成功するとは限りません。リスクを分散すると言う意味ではFXとバイナリーオプションを併用するというのはある意味理想であると言えるでしょう。

併用するならどんなバイナリーオプション業者?

基本的にFXは長期的に持つことが多くなることが多いのでバイナリーオプションは逆に短期取引ができるところを選ぶというのはいかがでしょうか。

似たようなものを持つのはリスクを分散する意味でも少し避けるべきでしょう。それとペイアウト率は低めでもいいので勝率を重視した取引が出来るところがいいのではないかと考えます。

ハイローオーストラリアトップページ

取引銘柄が豊富でペイアウト率2倍固定の取引のあるハイローオーストラリア、短期取引に特化していて出金がしやすいソニックオプション等がいいのではないでしょうか。

ソニックオプションのプラットフォーム

業者選びは自分が使いやすいと思える業者を選ぶのが1番です。一度自分の目でしっかりと見てから決めることをオススメします!

おすすめの記事

口コミで高評のBOサイト

まだ試してない方はココから!!

ハイローオーストラリア画像

  • サイト名:ハイローオーストラリア
  • 評  価:評価5
  • 口コミ数:267件
  • 最低取引額:¥1,000
  • 詳細を見る

みんなが選ぶ厳選おすすめバイナリー業者

  • 高配当で選ぶ
  • 安心と安全性
  • 商品・品揃え
  • 口コミで評判

バイナリーサイト絞込み検索

デモトレード
取引機能
対応キャリア
最低取引単価
出金報告
通貨ペア