トレード200 レンジ相場が得意ならEUR/USDがオススメ!

テクニカル分析での予想がしやすいと言われている「EUR/USD」。レンジ相場が得意なトレーダーには午前中は取引チャンスとなるのではないでしょうか。今回は午前中に「EUR/USD」で取引を行ってみました。

市場が眠っている時間帯を狙う

「EUR/USD」をレンジ相場で取引をしたいという場合は午前中がオススメ。その理由は欧州市場もNY市場も眠っている時間帯であるためです。

EUR/USDの午前中と深夜

上記を見ていただいても分かるように午前中はトレンドが発生してはいるものの、大きな波もなく予想のしやすい相場となっています。しかし深夜はいかがでしょうか。

ローソク足の胴体の長さも午前中に比べて長く、相場の波が大きいように感じますね。あまり動きのない相場を狙うなら午前中が良いというのは上記の画像からも判断できるでしょう。今回は午前中の「EUR/USD」で取引を行ってみます。

値動きは見られないものの下降トレンドだった「EUR/USD」

1回目 指標に従って素直に取引しよう

EUR/USD1

まずはMT4のチャートを見てみましょう。ローソク足は下落を示しており、一目均衡表の「転換線(赤)」が「基準線(青)」を下に抜いています。またストキャスティクスは微妙ではあるものの、下落を示していたので今回は「LOW」にかけてみることに。

まず今回は結果として負けてしまいました。その理由は一目均衡表の雲の位置と基準線の向きを無視していたからです。雲は相場(ローソク足)の下にあり、しかも基準線は上を向いています。これは上昇のシグナルですので今回は素直に取引を行う必要があったようです。

EUR/USD1

あまり値動きのないレンジ相場だったので今回は開始レート付近でウロウロしていました。しかしやはり相場は上昇傾向にあったようで、今回は5,000円の損失となってしまいました。

2回目 遅行スパンとストキャスティクスを見て判断

EUR/USD2

次は1回目の取引からちょっとだけ間を置いて取引をしてみました。その理由はレートがどう動くかわからなかったからです。するとストキャスティクスで売りサインが発生。しかも遅行スパンを見てみるとローソク足の下に抜けようとしています。

ローソク足はまだ雲の上にありますが基準線は上を向くのをやめており、転換線が基準線を下回っています。ここまで多くの売りサインが発生しているならば下落する可能性が高いといえるのではないでしょうか。今回も「LOW」にかけて取引を行ってみることに。

EUR/USD2

今回は最後まで値動きはありませんでした。それでも開始レートを下回っていたのでこのまま特に値動きもなく進んでくれると良いと思っているとあと少しのところで大きく下落。予想はあたって8,700円の払戻しを受け取ることができました。

3回目 下降トレンドに突入か!?

EUR/USD3

紹介する取引は今回これで最後にします。まずはストキャスティクスを見てみましょう。青い線が赤い線を上から突き抜けて大きく下落を示しています。これは下落する可能性が高いと判断しました。そして遅行スパンもローソク足の下に抜けたためこれも下落のサインと取ることができます。

雲は相変わらずローソク足の下にありますが厚さがなく、このまま下落すればローソク足は雲を突き抜けるのではないでしょうか。ローソク足が雲の下に突き抜けたら下降トレンドになる可能性が大幅にアップ。トレード200で取引を行ってみましょう。

EUR/USD3

今回は丁度下落中にポジションを取ることができました。しかもポジションを取った後も下落を続けて開始レートに届くこと無く取引は終了。8,700円の払戻しを受け取ることができました。

取引結果

その後の取引では一旦上昇していたのでそれに合わせて取引を行っていたら予想を外してしまい痛い目に遭いました。しかしその後は素直に下降トレンドに任せて取引を行っていたら3連勝することに成功。今回は3,500円の利益を得ることができました。

いつでもハイリターンを狙える業者

今回は「EUR/USD」の波が小さい時間帯を狙って取引をしてみました。「USD/JPY」は初心者向けで相場の波が小さいと言われていますが、現在この通貨ペアでの取引を行うのは危険だと管理人は判断しました。

最近は北朝鮮での水爆実験や先日の日銀のマイナス金利の導入、オイル安などであまり安定しない「USD/JPY」。取引を行う際にはしっかりと売買タイミングを見極める必要があります。その点「EUR/USD」はテクニカル分析でも予想がしやすいという特徴もあるため現在管理人がオススメしている通貨ペアNo.1です。

レンジ相場が長く続いた場合はレンジブレイクした際の反発で大きく相場が動くことも。そのようなときはペイアウト率2倍固定のRETURN200で取引を行うと勝てる可能性が高くなるでしょう。RETURN200で超えなければならないレンジ幅は他の業者に比べて小さくなっています。

初心者にも優しくいつでもハイリターンが狙えるトレード200をぜひ使ってみてください。

トレード200

業者名

評  価
評価3.5
口コミ数
112件
総合順位
現在55サイト中 2位
出金手数料
5回までは無料
取引銘柄数
7通貨ペア
スマホ対応

おすすめの記事

口コミで高評のBOサイト

まだ試してない方はココから!!

ハイローオーストラリア画像

  • サイト名:ハイローオーストラリア
  • 評  価:評価5
  • 口コミ数:267件
  • 最低取引額:¥1,000
  • 詳細を見る

みんなが選ぶ厳選おすすめバイナリー業者

  • 高配当で選ぶ
  • 安心と安全性
  • 商品・品揃え
  • 口コミで評判

バイナリーサイト絞込み検索

デモトレード
取引機能
対応キャリア
最低取引単価
出金報告
通貨ペア