トレード2000?いいえ!トレード200なんです!

バイナリーオプション業者も様々あり、名前にはその特徴が記載されている事も多々あります。ある意味ひと目でわかる業者の特徴と言ってもいいかもしれません。

トレード200名前から分かる特徴

トレード200のTOP画像

名は体を表すといいますが、やはりバイナリーオプション業者も同じです。「トレード200」はペイアウト率が2.00倍、200%と言う事も出来るのでトレード200というのでしょう。決してトレード2000ではないので間違えないようにしましょう。

トレード200のペイアウト率が2.00倍の取引をRETURN200と言います。ここでも「200」という数字がここでも出てくる所をみると、やはりトレード200にとっての象徴であり、1番自信のある取引だと言えるのかもしれません。

RETURN200の特徴をおさらい!

トレード200のレンジ幅

ご存知の方も多いかもしれませんが、ここでRETURN200について説明させていただきます。その名の通りにペイアウト率が200%つまりは2.00倍の取引です。

しかし、やはり高いペイアウト率には理由があり、ドロー周辺に損失になるレンジがあり、そこで取引が終了してしまったり、HighかLOWかの予想が外れてしまうと損失という事になります。これがペイアウト率が高い取引がある理由ですね。

多少のリスクがあるからこそペイアウト率は高く、だからと言って使い辛いわけではありません。ドロー近辺に損失になる範囲があるのだとしたら、そこで取引が終わらないような為替相場を狙って取引をするだけで、通常のHigh&LOWの取引とほぼ変わらなくなります。

動きのある相場とはどういった相場か?

狙える動きのある相場について少し考えてみましょう。やはり狙いはトレンドが発生している為替相場です。トレンドは、経済指標の発表、要人発言、天災などの自然災害や戦争などでも発生します。

トレンドの発生をしっかりと狙って、トレーダーの心理をしっかりと読んだ上で取引をしていきたいですね。

名前の由来の取引を行ってみよう!

無理に取引をする必要は全くありません。今までの取引で利益が出ているのなら、そちらで取引をするべきでしょう。しかしながら、ペイアウト率2.0倍の取引を知ってしまうと、もう戻ってこれなくなります。

それだけ、2.00倍と一般的な1.80倍は違うのです。その違いは取引数が増えれば増えるだけ変わってきます。リスクだけを見てもいけませんし、メリットだけを見てもだめです。

要は【RETURN200の使い所をしっかりと見極める事です。】トレード200で、1番必要な事ではないかと考えています。興味のある方は是非一度トレード200の公式ページをご覧ください。

トレード200

業者名

評  価
評価3.5
口コミ数
112件
総合順位
現在55サイト中 2位
出金手数料
5回までは無料
取引銘柄数
7通貨ペア
スマホ対応

おすすめの記事

口コミで高評のBOサイト

まだ試してない方はココから!!

ハイローオーストラリア画像

  • サイト名:ハイローオーストラリア
  • 評  価:評価5
  • 口コミ数:267件
  • 最低取引額:¥1,000
  • 詳細を見る

みんなが選ぶ厳選おすすめバイナリー業者

  • 高配当で選ぶ
  • 安心と安全性
  • 商品・品揃え
  • 口コミで評判

バイナリーサイト絞込み検索

デモトレード
取引機能
対応キャリア
最低取引単価
出金報告
通貨ペア