ローソク足チャートを使うのは難しい?まずは下ヒゲを見よう

ローソク足チャートは多くのバイナリーオプションやFXだけでなく多くの投資家に使われている相場を分析するためのチャートの1つです。シンプルですが奥の深いこのローソク足チャートは投資家によってさまざまな使われ方をします。今回はローソク足のヒゲを見て分析する方法を紹介しましょう。

使われ方は投資家の数だけある

ローソク足チャート

ローソク足の基本的な相場分析法に「酒田五法」というものがあります。これはローソク足を開発した江戸時代の相場師「本間宗久」の出身地が山形県酒田市であることからの由来です。この「酒田五法」で紹介されている足型の組み合わせを見て分析を行うのも良いですが初心者にはなかなか難しいかもしれません。

実際に管理人も投資を始めた頃はローソク足を使うものの「酒田五法」を覚えるなんて難しくてできませんでした。このローソク足チャートはシンプル故にさまざまな分析での使われ方をします。ただ単に相場の上下を判断するためだったり、トレンドの転換点を判断したりと人やそのときの相場によって変わることも。

そこで今回は管理人がローソク足チャートを使って相場分析をしだした頃の分析方法を紹介していきたいと思います。この分析方法はローソク足チャートの「場所」と「ヒゲ」を見て今後の相場の動きを判断するものですので初心者の方でも気軽に使えるでしょう。

ローソク足の下ヒゲに注目!

下ヒゲとはそもそもなんだろう?

まずヒゲとはそもそもローソク足の胴体の上下から飛び出している線のことです。これをヒゲといい、胴体の下に線が出た時に「下ヒゲ」と呼ばれます。

この下ヒゲが現れると「底値まで落ちたが値が盛り返す」という合図で、簡単に言うと値上がりの兆候ということ。トレーダーの中にはこの下ヒゲが出現したときを見て取引を行うという人もいます。

長い下ヒゲが出たときは取引チャンス!

ローソク足チャートの下ヒゲ

一言に下ヒゲといっても値によって長さは変わってきますが、下ヒゲの中でも特に長いヒゲが出ることも。底値圏で長い下ヒゲのあるローソク足が出現したときは買いの投資家が集中した証拠で、反発して高値に戻る可能性が高くなっています。

上の画像を見ていただくとわかると思いますが底値圏で下ヒゲの長いローソク足が出現した後はその後上昇。このように底値圏で下ヒゲの長いローソク足を見つけることができれば今までよりも簡単に予測が可能になるでしょう。

ローソク足のある業者で取引をしよう

今回はローソク足チャートのシンプルな分析方法を紹介しました。ただ海外のバイナリーオプション業者の全てでローソク足が確認できるというわけではありません。

バイナリーオプションを初めてするという方ならトレード200がオススメです。ローソク足だけでなく、ローソク足を使った分析方法まで無料で見られるので初心者でも安心して使うことができます。

またトレード200は一口200円からの取引が可能ですのであまり大金を使いたくないという人にもオススメ。まずは簡単な分析方法を身につけてゆっくりとステップアップしていきましょう。

おすすめの記事

口コミで高評のBOサイト

まだ試してない方はココから!!

ハイローオーストラリア画像

  • サイト名:ハイローオーストラリア
  • 評  価:評価5
  • 口コミ数:267件
  • 最低取引額:¥1,000
  • 詳細を見る

みんなが選ぶ厳選おすすめバイナリー業者

  • 高配当で選ぶ
  • 安心と安全性
  • 商品・品揃え
  • 口コミで評判

バイナリーサイト絞込み検索

デモトレード
取引機能
対応キャリア
最低取引単価
出金報告
通貨ペア