Yバイナリーの攻略法 時間帯によって分析法を変えよう

バイナリーオプションには時間帯によって分析方法を変えるという戦略があります。今回はこの戦略をYバイナリーで試してみたいと思うので参考にしてください。

昼間と夕方によってどう分析方法を変えるの?

バイナリーオプションの分析方法

MT4などを使ったテクニカル分析では「トレンド系指標」と「オシレーター系指標」があるというのをご存知でしょうか。テクニカル分析の2つの指標について知りたいという方は以前当サイトでも開設したことがあるので参考にしてください。

「トレンド系指標」と「オシレーター系指標」の2つにはそれぞれに特徴があります。その特徴を理解しておけば取引を有利に進めることも可能に。ここではこの2つの指標の特徴を簡単に説明します。

「トレンド系指標」とはその名の通りトレンドを見るためのものでトレンドの方向性や強さ、そして転換点を見ることができる指標です。これはトレンド時に役に立つ指標で、取引量が増えトレンドが発生しやすいと言われている夕方以降での時間帯で使うのが良いでしょう。

「オシレーター系指標」とは相場の過熱感を表すためのものです。現在の相場が売られすぎ・買われすぎを示すもので、相場の転換点を見ることが可能。これはレンジ相場の際に役立つ指標で、取引量が少ない10時以降の午前中からの昼間に使うのがオススメ。

もちろん昼間の時間帯にトレンドが発生することもありますし、夕方以降でもレンジ相場となる可能性もあります。「昼間だからオシレーター系だけ使う」のではなく、「昼間はオシレーター系を主に使ってトレンド系を補助にする」というように上手く使っていくとより精度の高い分析ができるようになるでしょう。

今回管理人が取引を行ったのは10時の取引量が少ない時間帯でした。そこで今回はトレンド系指標の「移動平均線」とオシレーター系指標の「ストキャスティクス」を使ってYバイナリーで取引を行ってみました。この2つの指標は初心者でも分かりやすいシンプルな指標ですので今後の取引の参考にしてみてください。それぞれの分析法は以下のリンクを参考にしてください。

移動平均線を使ったYバイナリーの攻略法
ストキャスティクスを使ったYバイナリーの攻略法

シンプルな指標を使って午前中にYバイナリーを攻略!

1回目 「GBP/USD」で取引

GBPUSD1

まず最初に取引を行ったのは「GBP/USD」です。MT4チャートを見てみると長期移動平均線も短期移動平均線も上を向いています。双方の線が上を向いているということは今後も上昇が続く可能性が高いということ。

そこでストキャスティクスを見てみると2本の線は売られすぎゾーンに到達した後大きく上昇を示しています。しかも青い線は赤い線を下から上へ大きく突き抜けているため上昇する可能性は高いという信憑性が増しました。

今回はYバイナリーの60秒取引を行ってみましょう。「GBP/USD」を選択して「高」に10,000円のポジションを取ってみます。

GBPUSD2

上の画像を見ていただいてもわかると思いますが今回は予想的中。一度も開始レートより下に落ちることなく取引を進めることができました。Yバイナリーの60秒取引はペイアウト率が70%ですので今回は7,000円の利益をゲットです。

2回目 「EUR/USD」で取引

EURUSD1

次は「EUR/USD」で取引を行いました。まずはMT4のチャートを見てみるとストキャスティクスには特にこれといったシグナルは見ることが出来ません。しかし移動平均線を見てみると買いシグナルが発生しているのがわかります。

シグナル自体はそこまで大きいものではありませんが短期(黄色)移動平均線が長期(桃色)移動平均線を下から上へ突き抜けるゴールデンクロスが発生しています。しかも先ほど説明したように2本の移動平均線は上を向いているのが分かるでしょうか。

ローソク足は陰線が出現していますが今回も上昇すると予想して「高」に10,000円のポジションを取ってみることに。

EURUSD2

取引を開始してみるとポジションを取った直後にレートが下落。その後も下落が続き、この後は開始レートまで上昇できないと思ったので今回は負けたと思いました。

しかし残り十数秒というところで大きくレートが上昇して取引は終了。今回の分析結果は間違ってはいなかったようです。今回も7,000円の利益をゲット。

3回目 「USD/JPY」で取引

USDJPY1

2回目の取引が終わった直後に「JPY」とペアの銘柄が一斉に上昇し始めました。しかしそれも一瞬で大きく上昇したかと思えば次は逆に大きく下落。何故かと言えば今日は「ゴトー日」といって企業や証券会社の取引が活発となる日です。

そこで少しの間待つことに。16分では大きく上昇しましたが17分には逆に大きく下落。為替相場は大きくレートが動くと元に戻ろうとする動きが強まるという法則を利用して今回は「高」に10,000円のポジションを取ることに。

ローソク足の陰線の長さを見ても売られすぎだというのが分かりますし、ストキャスティクスも売られすぎゾーンにきています。これは期待できるかもしれませんね。

USDJPY2

やはりレートが戻ろうとする力が強かったのか一瞬下落したりしましたが予想は的中。今回も7,000円の利益を獲得です。しかし今回はこの3回の取引で終了することに。管理人はトレンドが発生した後や相場が大きく荒れた後の予想は苦手ですのでこれ以上の取引は避けます。

Yバイナリーの取引結果

今回は3回の取引で3回とも勝ち、21,000円の利益を出すことに成功。取引回数は少ないですが負ける可能性があることを考えると勝ち逃げするのも1つの手ですね。

臨機応変に対応できるチャートを使おう

今回はあまり値動きの見られない午前中に取引を行おうと思ったのですがイレギュラーが発生したため3回で断念することに。このように投資を行っていると何が起きるかわかりません。そのため分析チャートは臨機応変に対応できるようトレンド系指標とオシレーター系指標の両方を表示させておくと良いでしょう。

また夕方以降はトレンドが相場が大きく動き、トレンドが発生する可能性も高いということもあるのでトレンドに強い指標を表示させておくのも良いかもしれませんね。管理人がオススメするのはオシレーター系指標でありながらもトレンド相場に強いというMACDをオススメします。

MACDは移動平均線を元に作られた指標ですので今回使った移動平均線の分析法が分かれば使えるようになるでしょう。Yバイナリーは約定がスムーズですので自分が取りたいポジションを取ることが出来るのでテンポのよい取引ができるかもしれませんね。

Yバイナリー

業者名

評  価
評価4.5
口コミ数
95件
総合順位
現在55サイト中 18位
出金手数料
無料
取引銘柄数
全75種類
スマホ対応

おすすめの記事

口コミで高評のBOサイト

まだ試してない方はココから!!

ハイローオーストラリア画像

  • サイト名:ハイローオーストラリア
  • 評  価:評価5
  • 口コミ数:267件
  • 最低取引額:¥1,000
  • 詳細を見る

みんなが選ぶ厳選おすすめバイナリー業者

  • 高配当で選ぶ
  • 安心と安全性
  • 商品・品揃え
  • 口コミで評判

バイナリーサイト絞込み検索

デモトレード
取引機能
対応キャリア
最低取引単価
出金報告
通貨ペア