レンジアウトについてルールと攻略方法を考えよう

全くの投資経験者がバイナリーオプションを利用すると知らない言葉が多く出てきて頭が混乱してしまうということは多々あるでしょう。今回はあまり聞き慣れない「レンジアウト」という取引ルールについて考えてみたいと思います。

レンジアウトとスプレッドは同じ定義?

「レンジアウト」と聞くとレンジ幅を超えられるか予想しなければならないスプレッドを思い出しますね。またはソニックオプションの「ドローアウト」を思い浮かべた人は多いのではないでしょうか。

ドローアウト

ソニックオプションのドローアウトといえば引き分けになった時に負けと判定されるルールです。普通は引き分けになると投資金額が戻ってくるので引き分けになることも視野に入れて取引ができますが、レートが落ち着いている時に取引を行うと負けてしまう可能性が高いので注意が必要です。

これを考えると「レンジアウトとはレンジ幅を超えられなければ負け」というルールだとイメージできますね。ではこのレンジアウトを攻略するにはどのような戦略を立てると良いのでしょうか。今回はルールが似ているスプレッドを参考に解説していきましょう。

時間帯や銘柄を考慮してチャートの分析をしよう

戦略を立てる

ソニック通貨ペア

まずスプレッドを攻略するにはレートの動きが小さいものよりも大きく動いている方がスプレッド幅を超えられる可能性も。上の画像を見ていただいても分かるように「AUD/USD」のチャートではレートがほとんどスプレッド幅に収まっているのがわかります。

一方の「GBP/JPY」はレートが大きく動いているためしっかりと分析を行えば勝てる可能性の方が高そうです。このように銘柄によってもレートの動きは全く違いますし取引をする時間帯によってもレートの動き方は変わってきます。

例えば午前中はUSDやGBP、EUR市場が閉場しているためショートやハイローで取引を行うのがオススメ。逆に夕方以降になると先ほど話した銘柄の市場が開場する時間帯な上に開場時間が重なっているところもあるため、相場が大きく動きやすくなっています。そのためスプレッドで取引を行うなら相場の動きが激しい夕方以降がオススメです。

分析をする

ソニックMT4

戦略を立てたら次はチャートの分析をしていきましょう。上の画像はMT4のチャートです。今回紹介する方法は初心者でも挑戦しやすいのでぜひ参考にしてください。

まずは画像左のローソク足を使ってトレンドを狙う方法です。画像を見ても分かるように相場が上昇しているのを示す陽線のローソク足が多く出ており、段々と上昇していっています。

これを上昇トレンドといい、トレンドが発生しているとスプレッド幅を超えられる確率が高くなるのでまずは経済指標が発表される時などを狙って取引を行いましょう。
実際にレンジアウト取引をしてみた結果を記載しているので参考にしてください。

そして画像右の反転のシグナルですがこれはボリンジャーバンドを使った分析方法です。下落を示す陰線のローソク足が水色の線に触れているのが分かるでしょうか。これは-2σのボリンジャーバンドで統計学上この線の間にレートが収まる確率は大体96%です。

そのためローソク足がこの線に触れた時は相場が反転することを示します。実際に今まで下落していた相場が反転して上昇していっているのが確認できますね。
※反転のシグナルは強いトレンドが発生しているとシグナルを無視してトレンドが続く可能性もあります。

今回は私なりの戦略の立て方と分析方法を紹介しましたが、戦略も分析方法も自分にあった方法を選択すると良いでしょう。まずはハイローやショートで取引に慣れていき、ステップアップしていくことをオススメします。

ソニックオプション

業者名

評  価
評価4
口コミ数
224件
総合順位
現在55サイト中 3位
出金手数料
3,000円(無料キャンペーン中)
取引銘柄数
7通貨ペア
スマホ対応

おすすめの記事

口コミで高評のBOサイト

まだ試してない方はココから!!

ハイローオーストラリア画像

  • サイト名:ハイローオーストラリア
  • 評  価:評価5
  • 口コミ数:267件
  • 最低取引額:¥1,000
  • 詳細を見る

みんなが選ぶ厳選おすすめバイナリー業者

  • 高配当で選ぶ
  • 安心と安全性
  • 商品・品揃え
  • 口コミで評判

バイナリーサイト絞込み検索

デモトレード
取引機能
対応キャリア
最低取引単価
出金報告
通貨ペア